トップページ > 学科・新コース紹介 > 工業科 生産システムコース

工業科生産システムコース

社会で即戦力のエンジニアを目指す
最新設備で専門スキルを学び
幅広く対応できる技術者の育成を目指す

基礎から最新の技術まで身につける

ものづくりの基礎を確実に習得

最新設備でものづくりの幅広い分野の知識を深め、最先端技術に順応できるスキルを身につけ、日々進化する業界のニーズに応える即戦力を育成します。
一年次はものづくりの基礎を学び、その後電気配線やマニシングセンタ、教育支援ロボットを用いたプログラミング制御など生産過程に必要な知識を習得します。製品が製造されるまでの過程で必要な設計・生産・管理を、電気・電子・情報・機械の幅広い分野にわたり座学と実習でスキルを磨きます。

ものづくりの意識を高める現場の技術者による実技指導や企業見学

エンジニアとして実際に現場で活躍する熟練技術者を講師に招く実技指導の授業では、高いレベルの作業を間近で見たり直接話を聞く機会を得ることで、より実践的なスキルを学ぶことができます。また企業見学で、実際の仕事現場に触れることで、ものづくりへの関心や就職に対する意識を高め、毎日の学習の重要性を再認識しより学びを深めることができます。

将来役立つ資格を取得し、幅広い業種への就職を目指す

機械加工技能士や第二種電気工事士など卒業後の進路につながる資格を取得するチャンスが多数あり、チャレンジする生徒をしっかりとサポートします。多種多様な製造業への就職を見据え、社会人としての心構えや礼儀作法が身につけられるよう指導します。また専門知識技術の向上を目指す生徒へは上級学校への進学を支援します。